2006年06月19日

ピーリングで角質除去

【肌表面の角質が厚くなりすぎると・・・】
角質が厚くなることにより皮脂の分泌する出口がふさがれる為、皮脂を分泌するところが無くて膨れてきます。これがにきびの初期の原因となります。

角質が厚くなり収縮できず、硬く厚ければ皮脂の出口がふさがれ、皮脂の分泌ができず、毛穴の中にたまりにたまった皮脂を栄養素として「アクネ菌」が増殖して、にきびが進行すると言うことです。

ケミカルピーリングは、この原因、「余分な角質・厚くなった角質を取り除くことによって「皮脂の出口を作ってあげよう。」と言う考え方です。
アイナソープやグリフォームはグリコール酸が皮膚表面の細胞と細胞の結合を弱めて、 古い角質を剥がれやすくする方法で角質を除去します。

ケミカルピーリングにより、厚くなった古い角質を取り除き、柔らかい伸縮性のある角質を肌表面に出してやることによって、皮脂の分泌がスムーズになる為、にきびの出来にくい肌、治りやすい肌になると言うわけです。

ケミカルピーリングで、にきびが改善するが人多いのはこのためです。

posted by アイナ400100 at 14:01| ケミカルピーリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。